ホーム 04【知る】 忘新年会の主役を狙うなら、伊勢海老まるごと一匹捌きましょう!

忘新年会の主役を狙うなら、伊勢海老まるごと一匹捌きましょう!

シェア

12月も半ばにさしかかり、いよいよ年末年始がやってきますね。
三重のお正月、食卓を賑わして欲しい食材No.1はやっぱり「伊勢海老」!
他県のみなさんは当然、三重県人は伊勢海老食べ練れてる…と思っていることは間違いないでしょう。
忘年会に、新年会に、まるごと一匹の伊勢海老をもっていけば、三重県人として鼻が高いはず!



❝でも伊勢海老って…1匹まるまる買っても捌き方がわからない…。


そんなあなたにお教えいたします。伊勢海老の正しい捌き方講座です。
尾鷲をはじめとする港町の暮らしでは、魚をさばくことって「普通のこと」なんです。鯵に鯖、鰤に…。
お正月までに伊勢海老のさばき方をマスターし、他府県のみんなの熱い視線を独り占めしましょう!

image

 

1.伊勢海老の掴み方
まずは伊勢海老の正しいつかみ方。伊勢海老の脚は鋭く、お腹のほうから持ってしまうと…痛いです。ザリガニを持つ要領で、背中から挟み込むようにつかみましょう。
image2.頭と胴体の間に包丁を入れる
しっかりと伊勢海老がつかめたら、頭と胴体の間に包丁を差し込みます。背中、お腹とぐるりと包丁を差し込みますが、このとき、伊勢海老はできるだけ立てて、斜めに包丁を入れるのがコツです。
image3.頭と胴体をはずす
包丁で切れ目を入れたら、いよいよ頭と胴体の切り離しです。
脚に気を付けて背中からしっかりと頭をつかみ、逆の手で胴体をつかみます。胴体はタオルなどで包んだほうが安全ですね。
しっかりとつかんだら、頭と体を逆方向にねじりながら引き抜いてください。
image 4.はい、頭外れました!
この状態なら、女性も怖くありません。
記念写真を進めましょう。ただ、切れ目から滴る伊勢海老の汁は驚くほど臭いので、カーペットなどにシミをつけないよう気を付けよう!
image5.体から身をはずす
ここからが腕の見せ所です。
胴体部分の両端にそって包丁を入れます。これが固い!できるだけ包丁をたてて突き刺すようにお腹の部分に包丁を入れていきます。切れ目が出来たら今度は包丁を寝かせて…、力を込めて切ってください。
image
image6.お腹の殻を取ります
しっかりと包丁が入ったら、お腹の殻を外していきます。「めくる」ような感覚ではがれていきますが、このとき、身と殻の間に指を入れ、なるだけからに身がつかないようにしましょう。
image image7.身をはずす
尻尾を上にし、お尻の先から親指をつかって身をはがしていきます。
親指に角度をつけ、爪で背中の殻を感じながらはがしていく感覚です。
この時も殻に身が残らいないように気を付けながら親指をぐりぐりしながら身をはがします。
image image8.完成!
これで完成。この後、身は氷水で一度占めおつくりで!
殻にたくさん身が残っている時は、
「三重県人は伊勢海老食べつけてるから…」と、贅沢っプリをアピールしてください。
image
どうでしたか?
伊勢海老のさばき方。年末年始には東紀州地域ではさまざまな年末市が開催されています。伊勢海老も売ってます!
これを機会に、一度伊勢海老まるごと購入してみてください。ちなみに頭は味噌汁にすると絶品ですよ!


【伊勢海老が買えるかもしれない東紀州の年末市】
きいながしま港市
尾鷲イタダキ市


 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で