ホーム 02【遊びに行く】 02レジャー 『あー、空飛びたい。』って考えたこと一度はあるよね??じゃぁ、飛んでみましょうか。

『あー、空飛びたい。』って考えたこと一度はあるよね??じゃぁ、飛んでみましょうか。

シェア

———空を飛んでみたい。

誰しもが一度は抱く願望。

その夢、三重県でも叶えられるのです!

場所は、
養老山脈の最南端に位置する多度山(@三重県桑名市)。

そう、大きな翼で空を飛ぶハンググライダー。
13689355_590346957810068_401694767_n

ハンググライダーは、
エンジンを使うことなく、上昇気流などを利用して飛ぶスカイスポーツ。

最も鳥に近い翼”とのこと。

多度山山頂から飛び立つハンググライダーは
木曽三川(揖斐川・長良川・木曽川)も見渡せて、最高なのだ!!

13664476_590346661143431_1169091319_n
▲ダーイブっ!!

実は、三重県を舞台にした映画「クハナ!」でも、
小学生の女の子が、ハンググライダーで飛ぶシーンが出てくる。

13694251_1062217860536647_650996945_o
▲小心者の女の子が勇気を付けるために、ハングで飛ぶ。それを見守る風間トオルとクハナキッズ。

このシーンを監修したのが、
ハンググライダーの体験やスクールを行う会社『Bird’s Eye View (バーズアイビュー)』さん。

かっこいい名前。

Bird’s Eye View=鳥瞰
高いところから俯瞰してみるということ。

空を飛ぶって、一体どんな感覚なんだろう・・・。

うずうず。
うずうず。
うずうず。
うずうず。

我慢できずに、キチャッタヨ――(゚∀゚)――!!

▲ハンググライダーの装備装着。
▲ちゃっかりハンググライダーの装備を装着。

タンデム体験しちゃおうよ!

ちょうどその日は、
多度山でのフライトはなかったため、
多度山から車で約1時間ほどの、岐阜県にある池田山へ。

フライトエリアはこちら。

img_7916
▲眺望はよく、見物客が多い。また夜景も綺麗なため、デートスポットになっている。

多度山と違い、フライト用の台はない。
この斜面をそのまま駆け降りるのだ。

パラグライダーも、鳥と一緒にふわんふわん。

img_7933-1
▲気持ちよさそう♪

聞けば、
国内のパラグライダー人口は、約10,000人。
一方、ハンググライダー人口は、約800人なのだそう。

圧倒的に、ハンググライダー人口が少ないね。

かっこいいのになぁ。

でもまだ私、
エンジンなく飛ぶ感覚が想像できない・・・。

img_7626
▲グライダーの組み立てを、後ろからジッとうかがう。

この日一緒に飛んでくださるのは、
ハンググライダーの日本選手権にて3度も優勝し、
世界大会の常連でもある鈴木博司さん。

dsc_0013
▲株式会社バーズアイビューの代表

鈴木さんは三重県いなべ市のご出身。
空に魅了されてから29年。

風をつかまえる大プロです。

はじめに、
ハンググライダーの機体と搭乗態勢についてレクチャーを受ける。

img_7653
▲飛んでいるときの体勢を教わる友人

続いて、離陸時の走り方

img_7657
▲インストラクターさんと歩幅を合わせて走る。装備があるためドタドタ。

あとは、フライトに向けて、心を落ち着かせて・・・。
ひっひふー。。
ひっひふー。。。
ひっひふー。。。

さぁ、いざ、大空へ!!!

ws000014_2015091120242604c
▲友人、いってらっしゃい!

ダーイブッ!!飛んだー!!!
IMG_7667.jpgここからは、
友人のグライダー後部に設置された小型カメラの映像。

うひゃぁ~。

高度落差約700ⅿからの景色。ws000021-1

この感覚、言葉では表現できない不思議な感じ。

ジェットコースターのように、
ゾワッとする恐怖はなく、
ただただ風に乗っているという浮遊感

飛びながら、
上昇気流を見付けて乗る。

旋回する。

するとまた高度が上がり、
より遠くまで行く事が出来る。

上昇気流は
空のガソリンスタンドのようなものらしい。ws000030-1

インストラクターの鈴木さんは、
なんと、多度山から岐阜県中津川まで(約100㎞)や、
池田山から長野県伊那市(約145㎞)まで飛んで行っちゃうのだとか。

並走してくるトンビ
翼を羽ばたかせるわけでもなく、
優雅に風に乗っている。

img_7616

なるほど、鳥はこうして飛んでいるのかと、
三十数年間の疑問が一瞬で解決した。

鳥が上昇気流をつかまえるのは、
同じく気流に乗って上がってきたをキャッチするため。

鳥瞰(バーズアイビュー)した方が、効率が良いからなんだって。

 

空の上は、
普通に会話が出来るほど、静かで穏やかな時間。

さぁ、が近付いてきたよー。ws000035-1体を起こし、
地面に足がついたら、また走る。

ws000038-1

着地はスキルは必要なようで、私は無様に転がった。

ドロドロです。

着地場にて、なぜかこみ上げてきた奇妙な笑い。

ひひひひひ。

自分でも謎の笑いが出るほど、ものすごい体験だったのだ。
その後、興奮を落ち着かせ、
バーズアイビューさんに、
どんなお客さんがくるのかを聞いてみた。

ほとんどが、空を飛びたいという人。

ただ、失恋等で、
気持ちをリセットしたいという人も訪れるのだそう。

なるほど。

リセットできるかはわからないけれど、
大空へダイブすることで、
新しい世界観を味わえることは間違いないと思う。

その1歩が、
その行動力が、
また勇気になるのじゃないかなぁ。

「空を飛びたい」という夢、ぜひ今、叶えてみてください。

 

Bird’s Eye View

 


冒頭でご紹介した映画「クハナ!」
三重県桑名市にて再上映が決まりました。kuhanaiのコピー

期間は、
1月1日(日)~1月13日(金)までの13日間。

イオンシネマ桑名にて上映いたします。
この機会に、劇場へお出掛けくださいませ♪

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で