ホーム 04【知る】 どうしたマスヤ!!ピケ8が!?暴走する社長自ら…@伊勢市

どうしたマスヤ!!ピケ8が!?暴走する社長自ら…@伊勢市

シェア

おにぎりせんべいで有名なマスヤさん。欧風せんべい「ピケ8」も有名です。
そのピケ8のパッケージに異変が…。

DSC_0530

なんかオタクチックになっています。
巫女さんなのでしょうか?なんか変なニワトリのかぶり物までして、何があったのでしょうか?

スクリーンショット 2016-08-16 11.51.03

 

ホームページを見たら、ミラクルストーリーとしてライトノベルで第三弾まで発展していました。

スクリーンショット 2016-08-16 11.51.11

かなり本格的な設定。「ミラクルでござる〜ごじょらむ〜まじょらむ〜」とか…。

スクリーンショット 2016-08-16 11.51.29

キテますよね…。
ただのアニオタ向け広告展開の粋を越えていると思い、社長にお話しを聞いてきました。

DSC_0523

おしゃれな建物にドーンとおにぎりせんべい。

DSC_0526

いざ、会社に潜入取材!

DSC_0533

株式会社マスヤグループ本社の代表取締役 浜田?司 社長にお話しを伺いました。

———ピケ8のパッケージがなんかおかしなことになっていますが…。
浜田社長「天宮鈴(パッケージのイラストキャラクター)に食いつきましたか…。このパッケージ、ちょっと飛んでますよね。」

———なぜこのようなコトになったのですか?
浜田社長「ピケ8は1972年から販売していて、おにぎりせんべいの影に隠れているのですが、根強いファンの方々に支えられています。2012年が発売40周年で盛り上げたいなということになりました。」

———オタク文化向け広告戦略なのですか?それとも何か別の理由があるのですか?
浜田社長「戦略と言うより、ノリが勝ってますね!40周年で何かしたかったのですが、良いアイデアが浮かばなくて。そこでとある大阪のデザイナーにお願いしたらこのイラストが出てきたんです。伊勢やから巫女さんで、みたいな…。欧風せんべいとか全然関係ないですが、ただその方がこのイラストを描いてくれたのが気に入って。」

———確かに欧風せんべい全然関係ないですね。ぶっ飛んでますよね…。
浜田社長「イラストレーターの方も、この萌えキャラの世界観もぶっ飛んでいて、なんかその感じが気に入ったんです。私も一枚乗って、私が第一話を書くことになりました。」

———えっ!社長が物語りを書かれているのですか?
浜田社長「はい。書いているときはけっこうノリノリで、時間を忘れて書いていましたね。」

———どういうコトをテーマに物語りを書いていたのですか?
浜田社長「2013年に式年遷宮があって、それに向けて伊勢が盛り上がっていた時期なので、神宮と自然への感謝、そして今の若い世代を結びつけるような、そんな物語が書けたらいいなということになり、ライトノベル風にやってみたんです。」

———読ませていただいたのですが、神主がニワトリになってますよね?
浜田社長「はい。神主がニワトリになってしまった設定です。天宮鈴よりニワトリのキャラが立ってしまいました(笑)。やっぱりお菓子って楽しくなくてはいけないですよね。根底にはそういうテーマがあって、楽しさを発信していこうとしています。」

DSC_0543いつも変わらないおいしさと、ワクワクドキドキをお届けします。というミッションのもと、お菓子に楽しさを乗せて発信しているマスヤさん。
そのミッションに沿ったことは、やってみよう!という企業風土がそこにはありました。

DSC_0537

浜田社長「これからのお菓子業界はノリが良くなくては!そういったノリを続けて行くのが課題ですね。いつまでも社長が暴走していては…。もうちょっと暴走する社員が出てきてもいいのにと思います。」

———従業員の方は反対しなかったのですか?
浜田社長「反対というより“本気ですか?”という感じでしたね。第二話は営業の若手従業員が書きました。私とちょっとトーンが違いますが、そちらも良いです。第三部は再び私が書きました。今は第四部を構想中です。」

———反響はどうでしたか?
浜田社長「多気でコスプレのイベントがあったときに、天宮鈴のコスプレーヤーがいました。」

DSC_0548
わたし(筆者)も愛用しているおにぎりせんべいのLINEスタンプ。

DSC_0551

パッケージにも“ワクドキ”へのこだわりが感じられます。マスヤさんは専属の社内デザイナーが2名在籍していて、楽しさを届けるデザインに力を入れているとのこと。

———浜田社長はアニメが大好きとかではないですよね?
浜田社長「ライトノベルを書いているので、そう言われることもありますが、私はアニメが大好きな訳ではありません(笑)。」


老舗感の強かったマスヤさんでしたが、インタビューを終えて、こんなにおもしろい企業が三重にあることを知りました。インタビュー中に浜田社長とお話ししましたが、三重にもこんなおもしろい企業があることをもっとジモトの若者に知ってもらったら、ジモトで働こうという方も増えるのではないかなと思いました。


 

DSC_0585

お土産におにぎりせんべいをたくさん頂きました。ありがとうございます。

DSC_0588 DSC_0589

馴染み深い「おにぎり坊や」のイラスト。

DSC_0586 DSC_0587

女の子バージョンの名前はなぜか「クリスティーヌ」。

営業本部チームの田中さんに理由を伺ったところ
クリスティーヌはハリウッド女優を目指している」らしい・・・。

どうしたマスヤ・・・。

 


株式会社マスヤ

住所:三重県伊勢市小俣町相合1306
TEL:0596-22-0303
ホームページ:http://www.masuya.co.jp/index.html
LINEスタンプ:http://www.masuya.co.jp/products/line20140923.html


———ところで社長、もう少しお話しがあるのですが…

IMG_6393“世界の三重になるために!! 棒に刺してみた Vol.2 @ マスヤ” は近日公開。乞うご期待…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で