ホーム 01【食べに行く】 カレーが14,400円!? 「日本一高額!? 伊勢海老カレー」潜入取材@志摩観光ホテル

カレーが14,400円!? 「日本一高額!? 伊勢海老カレー」潜入取材@志摩観光ホテル

シェア

会社の同僚Tさんから
「志摩観光ホテルの日本一高い伊勢海老カレーって知っとる?」と聞かれました。
“どんなカレーなんやろ…。”
早速、志摩観光ホテルベイスイートへ潜入取材へ!

DSC_0411

到着後、スタッフの方が外まで迎えにきてくれました。通されたのが、コンシェルジュ・ラウンジ。通常の宿泊の場合、フロントで待たされるのではなく、コンシェルジュ・ラウンジでまずはくつろいでいただくとのこと。さらに季節のハーブティーまで出していただいて、ありがとうございます。

DSC_0412 DSC_0414 写真 2015-07-27 15 45 16
エレベーターもフロアも真珠がいっぱいです。
スタッフの方「本館には約5万個の真珠がオブジェとして飾られているんですよ。」
“加工されていない真珠が、仮に一個原価が格安で1,000円だとしても、材料費だけで5千万円!?” などと貧しい妄想をしていると、
スタッフの方「本館完成のときに地元の方から寄付された物なんです。」
貧しい妄想で試算していた自分が情けなくなりました(涙)。

厨房に到着。
潜入取材で衛生面をクリアするために、全身を食品用防護服で身を包みいざ厨房へ!

DSC_0422
料理長までごあいさつに来てくれて、本当におもてなしの姿勢が心に染みますです。
まずはベースのカレールーにシーフードのカレールーをブレンドしていきます。

DSC_0418
この時点で、すでに美味しそう。

DSC_0429 DSC_0432
出ました!伊勢海老です。飛び跳ねております!

DSC_0439 DSC_0448
頭はボイル。殻も細かいところまで処理していきます。

DSC_0455 DSC_0457
お皿が温め始められました。上澄みバターで海老をソテー。

DSC_0465
しっかり上澄みバターを染みこめるため、何度も何度もバターでフリ。

DSC_0469 DSC_0473
白ワインでフランペ。

DSC_0478 DSC_0482 DSC_0483
カレー投入。こちらも何度も何度もカレーと混ぜ合わせていました。手間が掛かってます。

DSC_0484 DSC_0489
伊勢海老のみ先に盛りつけ。

DSC_0501 DSC_0506
カレールーを漉します。手間掛かってます!

DSC_0508 DSC_0512
生クリームとレモン汁投入。生クリームの感じが食欲そそられます。

DSC_0516
さあ、カレールーが流し込まれてテーブルへ。

DSC_0540
最高のロケーションです。英虞湾一望。
では、いただきます!
お味の方は…

DSC_0538
海が口の中で広がります。海老の香ばしさもしっかり残っています。
と、そこにnari_bowからLINEが!
「宇治山田駅で待ってます!」
急がなくては!何なん!
二口でフィニッシュ…(涙)

なお、伊勢海老カレーは前日の20:00までに要予約です。

志摩観光ホテル ベイスイート
電話 0599-43-2111
住所 三重県志摩市阿児町神明731(賢島)

取材にご対応・ご協力、また無理なお願いに対しても笑顔でおもてなし頂きました志摩観光ホテルの皆様、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
また、取材のパイプ役を買って出ていただいたOTONAMIE記者のOguちゃん、本当にありがとうございました。

次は志摩観光ホテル「全室スイートルーム」を潜入取材したい(笑)!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で